プライバシーポリシー

以下に、腹腔鏡下胆道手術研究会会則を掲載しております。

本会は腹腔鏡下胆道手術研究会
(英語表記:Laparoscopic Advanced Biliary Surgery meeting, LABS meeting)と称する。

本会は難度の高い腹腔鏡下胆道手術において、胆道の腹腔鏡外科医が参集し
知識と経験を共有して手術手技の向上を図るべく、研究、教育及び普及を行うことを目的とする。

本会は前条の目的を達成するために以下の事業を行う。

  • 1)毎年1回以上の学術集会。
    2)その他、本会の目的を達成するために必要な講習会などの事業。

1.メンバーは本会の目的に賛同し、所定の会費を納入した医師、または医療関係者とする。
2.本会はメンバー及び賛助メンバーによって構成される。
3.賛助メンバーはメンバー以外で本会の目的に賛同する法人、団体あるいは個人とする。

1.本会に次の役員を置く。

  • 代表 ・・・1-2名
    当番世話人 ・・・1名
    幹事 ・・・若干名(事務局業務を兼ねる)
    監事 ・・・1名或いは2名(1名は会計監査とする)

2.代表は、メンバー会議の推挙によって定められ、会務を統括、施行する。
 65歳以下、任期は3年とし、再任を妨げない。
3.幹事は、代表が推薦し、メンバー会議で承認される。適宜、代表とともに幹部会を開く。
4.監事は、メンバー会議の議を経てメンバーから選出し、代表が委嘱する。
 監事は会の財務ならびに会の運営を監査し、代表に報告する。
5.幹事は65歳以下、任期は3年とし再任を妨げない。
6.当番世話人は、メンバー会議でメンバーから選ばれ、担当学術集会の業務を行う。
 当番世話人は、当番幹事を置くことができる。

1.本会に顧問を置くことができる。
2.名誉世話人とはメンバーとして本会に尽力した者で66歳に達した者の中からメンバー会議の決議を得て
 推薦された者とする。名誉世話人はメンバー会議に出席して意見を述べることができる。

当番世話人は学術集会(研究会)を開催する。
研究会にはメンバー以外にビジターも自由に参加することができる。

1.本会に関する事項を決定する最高議決機関である。
2.代表、幹事、監事、当番世話人、メンバーで構成される。
3.会議は、年1回以上開催するものとする。議長は代表の中の1人が担当する。
4.会議は、委任状を含めメンバーの半数以上の出席をもって成立する。
5.議決は、出席者の過半数をもって行われる。
6.会議は、電子媒体上で持ち回り会議ができる。メンバーの過半数をもって議決できる。

1.メンバーの年会費は、研究会参加費5000円をもってこれに当てる。
2.賛助会員の年会費は、5万円とする。

1.本会の事業遂行に要する費用は、会費、補助金、寄付金その他をもってこれに当てる。
2.本会の会計年度は、本年1月1日から翌年12月31日までとする。

入会は、第4条に該当するものが本部に申し込み、幹部会で決定する。

退会を希望するものはその旨を届け出なければならない。
その場合、既納の会費は返付しない。
メンバー会議の議を経てこれを除名することが出来る。
この場合、既納会費は返却しない。

本会則の変更は、メンバー会議で討議し、メンバー会議の承認を得なければならない。

研究会事務局は労働者健康福祉機構東北労災病院外科に置く。
会計監査はメンバーから選出された1名の監事が行う。

本会則は2011年12月25日より発行する。
本会は日本内視鏡外科学会の公認研究会である。
研究会当番世話人は講習会当番世話人を兼務する。

宮城県仙台市青葉区台原4-3-21
担当: 東北労災病院 外科
徳村 弘実
松村 直樹
小澤 菜穂子
TEL: 022−275−1111
FAX: 022−275−7541
E-mail: h.tokumura2722@gmail.com
  
日本内視鏡外科学会 単孔式内視鏡手術研究会